一般歯科

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外のむし歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことを言います。
虫歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出るなどの症状は、一般歯科で行うことができます。

一般歯科

虫歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態「う蝕」またはそのような状態になっている個々の歯を指して「虫歯」と呼んでいます。これらの治療はほとんど保険の範囲内で行うことができます。

根幹治療

歯の根の治療(根管治療)は、深い虫歯などで歯の神経を取ったあと、神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れる処置です。
歯の根の治療(根管治療)は、被せ物などの土台になる根の治療なので、歯を残すためには最も大切な処置です。
しかし、根管は歯の種類によっては形も複雑で、手探りの作業になるため時間を掛けて歯の根の治療(根管治療)を行わないと、根の先まで完全にきれいにできず、 後になって根の先に病気ができてしまうこともしばしばあります。

修復治療とは、虫歯で欠けた部分を詰めたり、かぶせたりする処置です。
虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、【詰め物(インレー)】を詰めるだけで治療を終わることもあります。
ただし、虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、【被せ物(クラウン)】による治療となることもあります。
【FCK(フルキャストクラウン)】と呼ばれる金属のかぶせ物を使った治療や歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を土台として使い、橋渡し(ブリッジ)をするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療方法もあります。

義歯・入れ歯

入れ歯にはさまざまな形があり、どんな義歯が一番合っているかを患者さんと一緒に設計します。
現在、ご使用中の入れ歯に不快感をお持ちの方はご相談下さい。

保険治療・自費治療

保険でもさまざまな設計をすることができ、設計にあたっては、患者さんの希望を聞きながら一緒に形を考えていきます。
ただし、使用材料、形態にルールがあるため、やや制限された設計になります。
また自費治療では、自由な設計をすることができ、手造りで製作されるため、患者さんの希望に沿うことができます。
設計は患者さんと相談の上決定し、必ず仮合わせを行います。

ノンクラスプデンチャー

金具を一切使わない部分入れ歯であり、素材は柔らかく大きく曲げても割れることがありません。
また金具を使わなく、素材は歯茎と同じピンク色なので、装着していても目立たないのが特徴です。
ただ、すべての部分入れ歯にできるわけではなく、その症例が限られているのが欠点で、その素材の関係から、だいたい3年ぐらいしかもたないため、また新たに作り直す必要があります。

歯周病

お口の中の健康を維持・増進するためには、治療後の定期的なチェックと継続的なメンテナンス(お手入れ)が大事。
当院では、歯や歯肉の状態を診察し適切なケアを行い、むし歯や歯周病などを予防します。

スケーリング&プラークコントロール
歯肉の腫れや出血、痛み、歯の浮きやぐらつき、口臭などをチェック し、歯周病の原因となる歯垢(細菌の塊)や歯石を取り除きます。

歯周ポケット検査
通常歯茎と歯の間のポケットは3mmぐらいの深さですが歯周病が進行すると5mm以上にもなります。

なぜプラークは歯周病の原因に?
プラークは細菌の塊。
ほっておくとプラークの細菌が歯茎に炎症や感染を起こす原因となります。
目に見えない細菌をすみずみまで、しっかり落とすための歯ミガキ、プラークコントロールが必要です。

正しいプラークコントロール
●歯ブラシを上手に使ってプラークを落とします。
●歯ミガキ指導を受けます。
●歯と歯の間の目に見えないプラークを落とします。
●デンタルフロスや歯間ブラシを使う歯間清掃の指導を受けます。

ファイバーコア

ファイバーコア(ファイバーポスト&レジンコア)とは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。

メタルコア(金属の心棒)
一般的に広く使われているものにメタルコアという金属の土台があります。
保険の範囲内で適用が可能な為、安価ででき、更にほとんどの症例につかえるという特徴があります。
しかし、金属は歯よりも硬い為、歯が揺らされたときに、金属のくさび効果により歯根が割れる可能性が高い、合金中に銀が含まれている為、唾液などで錆びる可能性があるなど、問題があるのも事実です。

ファイバーコア(樹脂の心棒)
ファイバーコアとはガラス繊維強化樹脂を利用した歯の土台です。
通常、歯の神経を取ってしまうと歯自体はもろくなってしまいますが、材質が象牙質に近い硬さのファイバーコアは金属の土台よりも弾力があり、歯の根っこが折れてしまうリスクを減らすことができます。また、以前メタルコアが入っていたなど、歯牙がかなり喪失している弱い歯質を補うのに最適であります。
セラミックスの様なメタルを使わない被せ物に、金属の土台を用いると黒ずんで見えてしまいますが、ファイバーコアは色調が白く、セラミックスの色に馴染みますので、審美的観点から見ても非常に有効な処置であることが言えます。

その他に金属と違い錆びない、金属アレルギーの心配がない、など多くの利点があります。

※ファイバーコアは自費治療扱いのため保険が適用されません。