「自分の歯はできるだけ削らない、抜かない」
予防歯科で非常に大切なことは、“継続”です。

定期的な検査・クリーニングをすることで、虫歯・歯周病の治療・予防を行います。
これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?
確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。
歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。
痛くなってから行く⇒歯を削るという悪循環をとめることが重要です。
そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。
健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけましょう。

定期的なクリーニング「PMTC」
Professional Mechanical Tooth Cleaning (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略で、簡単に言うとプロによる専用の機械を用いた歯のお掃除です。
毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。
どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。
そこで歯ブラシでは取れない茶渋や、タバコのヤニなど頑固な汚れもすばやく除去することができます。
歯の清潔は健康の第一歩です。
歯ブラシだけではケアしきれない汚れは誰にでもあります。
当院にお任せ下さい。
PMTCは保険治療の範囲で行う事が可能です。
更に「歯を白くしたい」とお考えの方はホワイトニングも合わせてお勧めします。 >>ホワイトニングのページ

「フッ素塗布で虫歯予防」
フッ素塗布は、歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布して、虫歯を予防する方法です。
十分な効果を得るためには、歯科医院で年3~4回フッ素の塗布を行う必要がありますが、費用に比べて大きな虫歯予防効果があります。
30年前には10%程度だったフッ素塗をおこなう小児は、現在では60%ほどにまで増えています。
フッ素塗布が普及するのに合わせるかのように虫歯のある子供も減少しています。
フッ素塗布をおこなう子供は3歳児で約50%、6歳児で約85%となっています。特に4~8歳で実施率が高い傾向にあります。
当院にお任せ下さい。