サイナスリフトよりも簡単な手術で上顎の骨量を増やす骨再生療法です。骨の増量が3cm未満であれば、このソケットリフトによってインプラントが可 能な状態まで骨量を増やすことが出来ます。上顎臼歯部の上部には上顎洞があります。インプラントを植立しようとした時、人により上顎洞底線が下方まで伸び ている為に、インプラント体埋入に必要な量の骨が確保出来ない場合があります。ソケットリフトとは、そのような問題を解決する為の骨増成法の一つです。

STEP.1

骨の幅が不足していてインプラントを植立することができません。


STEP.2

上顎洞の1mm手前まで骨に孔をあけます。


STEP.3

オステオトームを使って残った1mmの骨を軽くたたいて、突破します。その際、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を破らないよう注意深くおこないます。


STEP.4

インプラントを植立します。
インプラントの先端部分の空洞は血液で満たされていて、将来骨にかわっていきます(骨移植を伴わないソケットリフト法)。
この部分に移植骨や人工骨をいれると、万が一、上顎洞粘膜が破れていると、上顎洞に流れ出ていき、上顎洞炎(蓄膿症)の原因になります。


STEP.5

3ヶ月後、かぶせ物がはいり完成です。